PCからTwitterに動画を投稿する(Windows版)Microsoftフォト使用

概要

PCからTwitterに動画を投稿するために、Microsoft フォト というソフトで動画を変換する方法についての記事です。

導入

PCからTwitterに動画を投稿するために、Windowsムービーメーカーを使って動画形式を変更する記事を書きました*1。しかし、ムービーメーカーはサポートが終了していたため、サポートされているソフトで変換する方法を探りました。

方法

フォト Microsoft フォト を入手 - Microsoft Store ja-JP を使用して、動画をTwitterに投稿できる形式に変更します。

  • フォト を起動
  • 作成→音楽入りカスタムビデオ
  • 「新しいビデオの作成」画面で、投稿したい動画を選択して、「作成」ボタンを押す
  • 動画名の入力欄が出てくるので名前を入れ、「OK」を押す
  • 動画作成画面がひらく。必要のに応じて、動画の編集(トリミング、縦横比変更等)を行なう
  • 以下でファイルサイズの選択
  • エクスポートと共有→ (M)オンラインでの共有に最適です

     を選択

これで、動画がTwitterに投稿できる形式で作成されます。保存場所は、デフォルト設定では、

C:\Users\ユーザー名\Pictures\エクスポートされたビデオ

 になっていました。この動画をTwitterの投稿画面から選択すると、投稿できます。

最後に

よりよい方法をご存知でしたら教えていただけるとうれしいです。

脚注

PCからtwitterに動画を投稿する(Windows版)

概要

PCから動画を投稿しようとして、つまづいて、そのあとうまくいったときのメモです。
== 追記 2019/1/5 ==

Windows ムービーメーカーで変換する方法をこの記事で書いているのですが、ムービーメーカーのサポートが終了しているため、別のソフトで変換する方法を以下の記事に書きました。

fluorite36.hatenablog.com== 追記終了 ==

方法

投稿したい動画を、Windows ムービーメーカーにインポートして、youtube投稿用設定で書き出します。

こうすることで投稿できました。

詳細

  • 投稿したい動画を用意(Bandicamで画面をキャプチャ等)。
  • Windows ムービーメーカーを起動
  • 投稿したい動画を以下の手順で追加

ホーム→ビデオおよび写真の追加 または
動画を、動画追加の枠にドラッグアンドドロップ

  • 動画を以下の設定で保存する

ファイル→ムービーの保存→Webサイトの設定→Youtube

  • 保存した動画を、twitterの投稿画面から開く
  • (トリミング等をして)投稿

この手順で、PCからtwitterに動画を投稿できました*1

最後に

よりよい方法をご存知でしたら教えていただけるとうれしいです。

 

== 追記 2019/1/5 ==

Windows7からWindows10にOSアップデートして、ムービーメーカーをそのまま使い続けていて気付かなかったのですが、ムービーメーカーはサポート終了*2していて、新規ダウンロードもできなくなっている*3 ようです。
他のアプリで変換する方法も探してみようと思います。

== 追記終了 ==

== 追記 2019/1/5 ==

↑探して、記事を書きました。

fluorite36.hatenablog.com

== 追記終了 ==

脚注

大学メールを外出先から見たかった件 iOS編

以前、大学メール(電通大 UECメール)をAndroidから確認する方法を書きました。 fluorite36.hatenablog.com

iPhoneの方の記事も書きたいなと思っていたことを思い出した(↓)のと、ちょうど機種変更でiPhoneに変わったので、書いていきます。

fluorite36.hatenablog.com

 

久しぶりですね。

大学公式の設定方法のページがあるので、こちらを読むのを推奨します。←

www.cc.uec.ac.jp

上の記事を書いたのが、この大学公式ページが出るより先だったので、今となっては二番煎じ感があれですが。

概要

iOS(iPhone)で、大学メールを見れるようにする設定方法を、電通大の大学メールを例に書きます。

試した環境は、以下の通りです。

iOS 12.0.1

iPhone SE

 

== 追記 2018/10/10 ==

電通大の、以下の大学メールで設定できることを確認しました。

@edu.cc.uec.ac.jp

@uec.ac.jp

 uec.ac.jpはedu.cc.uec.ac.jpの別名であるため、排他的でどちらか一方しか設定できませんでした。edu.cc.uec.ac.jpを設定した後に、uec.ac.jpの方を登録しようとしたところ、既に登録されていますという内容のエラーが出て、はじかれてしまいました。

== 追記終わり ==

目次

 

設定方法

「設定」アプリで設定する

「設定」アプリを開きます。

ホーム画面の、「設定」アプリ(歯車アイコン)をタップして起動します。

 

f:id:Fluorite36:20181110171217p:plain

「設定」アプリ

「パスワードとアカウント 」(鍵のアイコン)の項目をタップして選択します。

下の、「メール」の項目ではありません。 

f:id:Fluorite36:20181110172103p:plain

「パスワードとアカウント」を選択

現在登録されているアカウント一覧が出てきます。その下の、「アカウントを追加」の項目を選択します。

f:id:Fluorite36:20181110171922p:plain

「アカウントを追加」を選ぶ

 アカウントの種類を選びます。「その他」を選択します。

f:id:Fluorite36:20181110172240p:plain

「その他」を選択

一番上の、「メールアカウントを追加」の項目を選択します。

 

f:id:Fluorite36:20181110172253p:plain

「メールアカウントを追加」を選択

アカウントの設定をします。

f:id:Fluorite36:20181110172554p:plain

アカウントの設定

「名前」には、自分の氏名を入れます。メールを送った時の、送り主がこれになります。適当に入れるとよくないことになります(なりました)。

私は最初、自分用に区別をつけるための名前だと思って適当につけてしまいました。
自分用に区別をつけるのは、下の「説明」の項目でした。

「メール」の項目には、自分のメールアドレス(アカウント名@edu.cc.uec.ac.jp 等)を入れます。
一番下の「説明」の項目は、このとき自動で補完されます。
「パスワード」は、メールのパスワードを入れます。

 

「次へ」を押して、進みます。

 

上部の表示が、「アカウントを検索中」に変わります。

うまくいくと、サーバー設定の画面になります。

f:id:Fluorite36:20181110185459p:plain

IMAP」が選択されているので、そのままにします。

「名前」と、「メール」、「説明」、受信メールサーバの「パスワード」、送信メールサーバの「パスワード」は、先ほど入力した情報で補完されています。パスワードが先ほどのとは異なる場合は、適宜変更します。

電通大の場合はそのままで大丈夫でした。

f:id:Fluorite36:20181110185145p:plain

サーバー設定

受信メールサーバ、送信メールサーバの「ホスト名」、「ユーザ名」は、それぞれの機関の設定方法に従います。

電通大では、大学のページ*1より

受信
サーバ名 imap.cc.uec.ac.jp
ユーザ名(アカウント名) UEC アカウント名

送信
サーバ名 mx-delivery.uec.ac.jp
ユーザ名(アカウント名) UEC アカウント名 

と入力します。

上の「次へ」をタップして、進みます。

 

上部の表示が、「検証中」に変わります。

 うまくいくと、各項目の右に青いチェック印が入り、先に進みます。うまく行かない場合は、その警告表示に従います。

パスワードやサーバ設定等を入れ間違えていないか確認して、適宜編集し、再度「次へ」を押して進みます。

 

f:id:Fluorite36:20181110192002p:plain

サービスの選択

サービスの選択をします。「メール」にチェックを入れます。メールアカウントに紐づけてメモを使いたい場合は、「メモ」の方にもチェックを入れます。

上の「保存」をタップして、設定を終えます。

 

f:id:Fluorite36:20181110192007p:plain

アカウントが追加できたか確認

設定アプリの最初の画面にもどってきました。アカウント一覧の下に、先ほど追加したメールアカウントが表示されていることを確認します。

追加したメールアカウントの項目をタップして、メールアドレスが合っているかどうかを確認します。

「メール」アプリで確認

最後に、ホーム画面に戻って、「メール」アプリを起動して確認作業を行います。

メールボックス一覧に、先ほど追加したメールアカウントがあるかどうかを確認します。確認できたらそれをタップします。

f:id:Fluorite36:20181110193506p:plain

「メール」アプリで確認

「受信」画面に移動します。過去にメールを受信している場合は、しばらくして、受信ボックスにそのメールが表示されます。

f:id:Fluorite36:20181110200109p:plain

受信ボックス(同期された状態)


テストメールの送受信

「メール」アプリで、テストメールを送受信して、メール設定がうまくいっているかを確認します。「受信」画面の右下にある、メール作成ボタンを選択して、メール作成画面に移動します。

登録したメールアカウントから、自分の別のメールアドレス宛てに適当な文面でテストメールを送ります。自分の別のメールアドレスで受信できているか確認します。

今度は、自分の別のメールアドレスから、登録したメールアカウント宛てにテストメールを送ります。登録したメールアカウントにメールが無事送れたら、成功です。

 

以上で設定は終了です。

終わりに

AndroidiOSと両方での設定方法を記事にまとめることができました。お役に立てれば幸いです。


参考記事 

processingのプロキシ設定

processingを大学で使おうとしたときに、ライブラリをダウンロードしようとしてproxyに阻まれた件。

つまづいていたけど解決できたので書きます。

環境は以下の通りです。

Windows10

Processing3

 

C\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Processing\preferences.txt

を編集します。このときprocessingが立ち上がっていたら、必ず終了させてから、編集します。

ビジュアル情報処理 http://img2.hc.uec.ac.jp/~rocky/lecture/VisComp/

このサイトの通りに、preferences.txtのproxyの項を、

proxy.http.host=xxx.yyy.zzz
proxy.http.port=XXXX
proxy.https.host=xxx.yyy.zzz
proxy.https.port=XXXX
proxy.socks.host=xxx.yyy.zzz
proxy.socks.port=XXXX

といったように編集します。

私がうまくいかなかった原因は、””をつけて、以下のように書いていたことでした。

NG

proxy.http.host=“xxx.yyy.zzz”
proxy.http.port=“XXXX”
proxy.https.host=“xxx.yyy.zzz”
proxy.https.port=“XXXX”
proxy.socks.host=“xxx.yyy.zzz”
proxy.socks.port=“XXXX”

参考記事

ビジュアル情報処理 http://img2.hc.uec.ac.jp/~rocky/lecture/VisComp/

大学メールを外出先から見たかった件の続き

先日、大学メールを外出先から見たかったということで、スマホAndroidGmailアプリ)で見る方法について書きました。

fluorite36.hatenablog.comこの件ですが、大学の友達はどうやっているか聞いてみたところ、iPhoneを使っている人が多かったです。「iPhoneだと、デフォルトのメールアプリで簡単に設定できるよ」とのことでした。

いいなぁ…。

私は今使っているスマホandroid)に変える前は、iPhoneを使ってました。iPhoneでの設定方法が少し気になったので、今度手持ちのiPhoneで試してみたいと思いました。

 

記事書きたい...。

hatenaブログアプリから記事を書く

だらだらとアプリについて書きます

hatenaブログのスマホアプリを入れて、記事を書いてみました。自動で下書きバックアップとってくれるのでめちゃ便利。
f:id:Fluorite36:20180307093234j:image

編集画面はこんな感じ。

電車内でさくさく書けます。電車の行き帰りの時間でtwitterとかみてるのも良いけど、なにかブログに書いてまとめるのも良いかなと思いました。
f:id:Fluorite36:20180307094050j:image

 見出しやリスト、引用などは編集画面下部の「装飾」ボタンから、


f:id:Fluorite36:20180307094103j:image

 画像は「画像」ボタンから。


f:id:Fluorite36:20180307094121j:image

 リンクは、「埋め込み」ボタンから。

 

ぽちぽち操作しやすいので、良いですねこれ。

画像の挿入と、見出しを使ってみました。見出しは、変えたい行にカーソルを持っていって見出しボタンを押すと、大見出し→中→小→標準→大見出し…と変わります。簡単。

画像のサイズ調整方法がわからなかったので、今度調べてみようと思いました。

 

大学メールをGmailで見れるようにする

== 追記 2018/3/23 ==

電通大の情報基盤センターのページに新しく、AndroidGmailアプリでの設定方法が載りました。内容はほぼ一緒なので、こちらをお勧めします。

メール利用方法 - 国立大学法人 電気通信大学 情報基盤センター

www.cc.uec.ac.jp少し悔しいけれど、公式だし...

== 追記終わり ==

経緯

少し前、出先から大学メール(電通大 UECメール)を確認したくなって、スマホのwebブラウザでActive! mailを使おうと思ったところ、見づらくて大変でした。ちょっと調べてたら、他大学のメールはGmailで見れるようにできるということを知りました。*1

便利そうだと思ったので、私の大学メールでもできるか試して、使えるようになりました。とても便利でよい感じ。

先日(2018/02/28)、大学メールのActive! mailでのサービスが終了されることを知りました。つまり、Active! mailで大学メールを見れなくということらしい。Gmailでの設定でちょっと苦労したので、同じように苦労している人がいるかもしれないと思いました。

あと、長時間のバス移動で暇になってしまって時間ができたので、これらが相まって、書くに至りました。

 

書くの久しぶり過ぎてどういう文体、テンションで書いたらいいかわからなくなってしまったので適当に書いていきます。ほかの記事との文体の違いが気になったらすみません。 

目次

 

電通大の大学メールのGmailでの設定

注: この記事の内容によってデータが飛んだなどのトラブルが起きた際、責任は負えません。参考程度にお願いします。

読み替えれば他大でもできるかもしれません。

大学メールの@edu.cc.uec.ac.jpで説明していますが、同じ大学メールの@uec.ac.jpも同様に設定するとGmailアプリで見れることが確認できました。

AndroidGmailアプリの場合で説明していきます。Android 7.0、Gmailアプリのバージョンは、8.2.11.186835846.releaseです。

手持ちのスマホで大学メールを見れるようにしたかったので、この条件で試しています。他のアプリバージョン、iPhoneのアプリ、webブラウザでは電通大のメールが設定できるか検証できていません。方法はだいたい一緒だと思うので、適宜読み替えてみてください。webブラウザの場合、脚注1:*2 の記事が参考になると思います。

Gmailアプリを入れる

Gmailアプリを入れます。入れたら、こんな感じになっています。スクリーンショットで説明していきます。

f:id:Fluorite36:20180306131411p:plain


注:私はすでに別のアカウントを設定してしまっているので、アプリを入れた直後の状態と表示が異なっている場合があります。

メールアドレスの追加

三角のプルダウンメニューボタン ▽ を押します。

f:id:Fluorite36:20180306131708p:plain

+ アカウントを追加 を押します。

 

f:id:Fluorite36:20180306132523p:plain

✉ その他 を選択します。

 

f:id:Fluorite36:20180306133308p:plain

メールアドレスを入力します。続いて左下の、手動セットアップを選択。

 

f:id:Fluorite36:20180306133428p:plain

個人用(IMAP)を選択します。

 

f:id:Fluorite36:20180306133743p:plain

パスワードを入れて、次へ を選択します。

 

受信サーバーの設定

f:id:Fluorite36:20180306134607p:plain

受信サーバーの設定で、ユーザー名とパスワード、サーバー名を入れます。

いつも情報基盤センターのPCにログインするときなどに使っている、UECアカウントのユーザー名とパスワードを入れます。

サーバー名は、大学の学内メールのページ *3 より、

imap.cc.uec.ac.jp

を入れます。入れたら、次へ を選択します。

 

f:id:Fluorite36:20180306141305p:plain

サーバー設定を確認しています…と表示されます。

うまく行くと、次の送信サーバーの設定に進みます。

うまく行かないとき

f:id:Fluorite36:20180306141859p:plain

サーバーに接続できませんでした。と表示されたときは、ユーザー名(メールアドレスではなく、ユーザー名です。)と、パスワード、受信サーバーの入力ミスの可能性があります。再確認、再入力してみましょう。

 

f:id:Fluorite36:20180306142610p:plain

データ接続を確認して、もう一度お試しください。というメッセージが出たとき、
インターネットに接続出来ているかを確認して、再度、次へ を選択しましょう。


送信サーバーの設定

f:id:Fluorite36:20180306143257p:plain

スイッチを、ログインが必要 の方にします。ユーザー名、パスワードは受信サーバー設定と同じ、UECアカウントのユーザー名とパスワードです。
サーバー名は、同様に大学の学内メールのページ *4 より、

mx-delivery.uec.ac.jp

とします。

f:id:Fluorite36:20180306144435p:plain

smtp設定を確認しています…と表示されます。

うまく行くと、アカウントのオプション設定に移ります。うまく行かなかった場合は、受信サーバー設定のときと同様、各項目を確認してみましょう。

アカウントのオプション設定

f:id:Fluorite36:20180306144706p:plain

アカウントのオプション設定は、お好みで良いと思います。
同期間隔を選んで、チェックボックスで有効にしたい機能を選択して、次へを選択します。

f:id:Fluorite36:20180306144826p:plain

アカウントを作成しています…と表示が出ます。

f:id:Fluorite36:20180306145104p:plain

うまく行くと、アカウントの設定が完了しました。と出ます。

アカウント名(アプリで表示される名前)と、送信メールで表示される、名前
をそれぞれ任意で設定して、次へ を選択します。

これで設定は終了です。

受信・送信確認

gmailのアカウント一覧に追加されたかどうかを確認してみましょう。

f:id:Fluorite36:20180306150604p:plain

追加されていることが確認できたら、選択して、受信トレイを見てみます。

 

f:id:Fluorite36:20180305180602p:plain

大学のメールで受信したメールがちゃんと表示されているのを確認したら、送信のテストをしてみましょう。 

f:id:Fluorite36:20180305181308p:plain

送信して、無事送り先に届いていることが確認できれば、成功です。これで設定は終了です。 

終わりに

ふと気づいたのですが、送信トレイが空になってしまっていて、自分から送ったメールが確認できなくて少し不便です。設定方法がどこかにあるのでしょうか...

どなたかご存知でしたら教えてください。また間違い等あれば教えていただけるとうれしいです。

他大学さんで、設定できたという方がいたら、うれしいです。

参考記事